叶家

誰もが暮らしやすいバリアフリー住宅 | 新潟でリノベーション&リフォームなら【叶家〜TO-KA〜】

image

相談会

開催期間】
2022年11月21日(月)~2022年12月27日(火)

開催時間】10:00 ~ 17:00

誰もが暮らしやすいバリアフリー住宅

CONCEPT 相談会内容

住み慣れた自宅であっても、少しの段差でつまづいたり、

バランスを崩すことでケガをしてしまうことも...

体の健康維持も大切ですが、いつまでも安心で快適な生活を送るためにも、リフォームしませんか?

必要になってから実施すればよいと思いがちですが、バリアフリー化することで

家庭内の事故を未然に防ぐことができるので、今後数十年先の暮らしを見据え「備えておく」ことが大切です!


◇ 段差をなくす
床を上げたり、段差解消用の部材を設置するなどがあります。
どうしても段差をなくせない場合は、段差のある箇所の色を替えて、わかりやすくすることも重要。
また足元を照らすフットランプも効果的です。

◇ 転倒を予防する
主な設置場所としては玄関やトイレ、浴室、廊下など。
どうしても段差が生じてしまう場所には、室内用のスロープなどを設置すると安心です。
玄関に造り付けのベンチを設置すれば、座って靴を脱いだり履いたりできます。

◇ 温度差をなくす
建物の中の温度差は、住まいの快適さを失うばかりではなく、結露やカビ・ダニの発生原因ともなります。
冷暖房や換気設備を適切に配置し、部屋ごとや廊下との湿度差を少なくするためにも住宅の気密性・断熱性を
高くすることが重要です。


歳とは関係なく若い方でも、仕事で疲れていたり病気になったときなどは足元が不安になることもあります。

小さなお子様にとっても少しの段差や階段で思わぬケガをすることも考えられます。


ぜひ、この機会にバリアフリーリフォームを検討してみませんか?

来場予約

ACCESS 会場へのアクセス

【住所】新潟市東区空港西1丁目9-25

SHOWROOMショールーム

解体からはじまった当社ですが、気づけば設備・解体・大工・設計士と建築に関わる職人たちが集まっていました。
そんなキャリアを積んだ職人と一緒に、お客様が満足のいく家創りをできたらと思っています。

新潟市東区空港西1丁目9-25

025-278-7188

025-278-7668

10:00〜17:00

水曜日・年末年始・お盆・その他(お休みはTOPのお知らせからご確認ください)

  • image
  • image
  • image
  • image
  • image
  • image